大型家具を一旦保管しておけるトランクルーム

トランクルームへの搬入は業者に頼もう

すぐには使わない荷物を安全に保管しておけるトランクルームは、ユーザーの手によって自由に荷物の出し入れができます。しかし、その一方で、重い家具や家電については、家族や友人に移動を手伝ってもらう必要があるのです。しばらく使わない物は、まとめて業者に運搬してもらい、自分たちの負担を最小限にしましょう。主に引越し業者が請け負っており、新居への引越しのタイミングで、途中で寄ってもらう形にすると、スマートになります。
トランクルームによっては提携中の引越し業者がいて、同業他社に個人として依頼するよりも割安の料金になります。そのトランクルームの建物の構造に詳しいから、自分のスペースを指定するだけで、最適な方法で運んでくれて安心です。家族構成が変わって、とりあえず保管しておきたい大型の家具ができても、自宅からトランクルームの保管場所まで運搬のプロに任せられます。
重量物の運搬は、素人が無理に行うと天井や壁にぶつけてしまうことが多く、転倒によって重大事故になってしまうケースも多く見られます。まだ保管しておきたいほどの高価な品などは、信頼できるトランクルームに、同じく信用のおけるプロの手によって移動させましょう。引っ越し業者は保険に加入しているので、万が一の場合でも保険金によって損失を補填してくれます。

興味があるトランクルームを見学してみよう

利用してみたいトランクルームが見つかったら、その業者に連絡して、現地を見学させてもらうことをお勧めします。賃貸物件を選ぶ時に部屋の中を見せてもらうのと同じ話だから、遠慮せずに見学希望と伝えて、業者が提示した日時にトランクルームへ行ってみましょう。原則的にどの業者も見学をさせてくれるので、実際に色々な設備を見て、気になる点をその場でスタッフに確認できます。契約前ではまだ外部の人間として扱われるため、スタッフに案内してもらう形です。
ホームページで良いなと思えても、いざ現地に行ってみると、イメージとは違っていたという部分が出てきます。許容できる範囲の差異であれば大丈夫ですが、どうしても納得できないとなったら、他のトランクルームを探すしかありません。契約したら、現地まで往復して荷物の出し入れをすることを念頭に置いて、雰囲気などをじっくりチェックしておきましょう。
どうせトランクルームまで行くのだったら、すぐに契約できる状態で見学すると、そのまま契約手続きも完了できてスマートです。見学が終了した後にいったん帰宅して、しばらく検討するのも賢い選択ですが、他の利用者が契約したら空きスペースが減ってしまう点に注意しましょう。